works 仕事の種類とやりがい

works 仕事の種類とやりがい

プログラマー

プログラマーの仕事風景

仕事内容

プログラマーとは、プログラム言語を使用し、コンピュータプログラムを組んで様々なシステムやソフトウェアをつくる仕事です。組み上げられたプログラムの不備を見つけてさらに修正を行なったりもします。
この他、結合テスト、リリース作業、機能仕様書の作成等、“プログラムを組む”以外の業務もあり、『ただ黙々とひたすらプログラムを組んでいる』のみの仕事ではありません。 また、経験を積んでいくに従い、できることの幅が広がっていきます。

仕事のやりがい

自分で組み上げたプログラムが実際に稼働したときや、開発にかかわったシステムをいちユーザーとして見かけたり利用したりしたときなど、“ものづくり”の仕事ならではの達成感を感じられます。
日進月歩の世界で技術トレンドの移り変わりが速く、興味のある人にとっては新しい知識・技術の習得も“やりがい”のひとつかもしれません。

システムエンジニア

システムエンジニアの仕事風景

仕事内容

システムエンジニアとは、システムの設計・開発・テスト等、開発業務の中で“上流工程”を担う仕事です。顧客から要望をヒアリングし、システムの設計を行ないます。 開発チームによって担う範囲は異なりますが、一般的には「要求分析・要件定義」「基本設計」「詳細設計」「テスト」などを担当します。
システムエンジニアは、技術的な能力の他、コミュニケーション能力が欠かせません。要求分析や要件定義の工程では、顧客の求めているものを的確にくみ取る必要があります。
また、スケジュール管理を行なったり、作業量の負荷の偏りを防いだりなど、マネジメント能力を求められる場面も多々あります。

仕事のやりがい

上記のように、上流から一歩踏み込んで開発に関わる仕事ですので、システムが無事に完成したときの達成感は大きなものになります。 また、自分のアイデアがシステムに反映されたり、ユーザーから感謝されたとき、携わったシステムが世の中で広く使われていることに喜びを感じるエンジニアも多いようです。

システムコンサルタント

プログラマーの仕事風景

仕事内容

システムコンサルタントとは、顧客側の抱える課題を情報化戦略を用いて解決する仕事です。実際にシステム開発を受注する前後から問題点のヒアリングと原因分析を行ない、顧客の要望に応えるシステムの基本構想を企画します。
顧客の数だけ違う課題があり、予算とシステムの機能のバランスをとって調整し、大枠の設計(構想)を決めて、顧客に提案します。

仕事のやりがい

その設計をもとにプロジェクトマネージャー、システムエンジニア、プログラマーで編成されたチームで実際にシステムを構築します。
顧客への提案や課題のすくい上げを行なうため、技術的な知識とコミュニケーション能力・プレゼンテーション能力の他、顧客側の業務フローや知識も必要となるため、たいへんやりがいと達成感のある仕事です。

IT営業

IT営業の仕事風景

仕事内容

当社のIT営業が売るのは“モノ”でも“人材”でもありません。それぞれのエンジニアが持つ“技術”、その技術をもとに生み出される“企画”“提案”です。その結果としてシステムがあります。 プログラミングをエンジニアの代わりに行なったり、システムの設計を行なうようなことはさすがにありませんが、専門的な話になる前の、顧客のもっている要望や問題をユーザー側に近い視点で吸い上げ、エンジニアへつなげていく橋渡しの仕事です。 なので、当社では成約件数のノルマもありません。

仕事のやりがい

当社のある営業職の者は、「人(顧客)と人(エンジニア)とのあいだの思いをつなげていくこと、それを経て“仲間”が増えてゆくことが単純に楽しくて続けている。ことさら構えてやりがいというものを考えたことがない」と言っています。